メインイメージ画像

不動産に投資した時に考えられる主なリスクについて

低金利時代になって久しく、今の日本の銀行では10年の定期預金を組んでも低金利が当たり前です。そこでご自身で投資して資産を増やしたいと言う方が増えています。

投資先にはいろいろありますが、不動産投資は毎月安定した家賃収入が期待できるという点が特徴です。投資物件を入居者に貸し出ししてその家賃を主な収入にしています。5パーセントや10パーセントなど物件によっては定期預金より高利回りが期待できるのが魅力です。物件購入後に景気が良くなり地価が上がると家賃収入の他にも売却利益も合わせて期待できます。

そうした家賃収入のことをインカムゲイン、売却利益のことはキャピタルゲインとも呼ばれています。

家賃収入は入居者が入っていないと入って来ません。空室では賃貸料金が入りませんが、1棟買いの場合は他の部屋でカバーすることが可能です。デメリットとして1棟買いでは多額な資金が必要です。ワンルームマンションの投資ならば1棟買いよりも少ない資金から始められますが、空室になった場合、家賃収入がゼロになってしまいます。新築の物件でも10年も経つとどこかに傷みが進行してくるものです。

周辺に真新しい家が建築されると新しい方に入居者が集中することが多いので、空室のままのリスクをなるべく抑えるよう長期修繕計画を立てることが大切です。投資用物件をご紹介している会社の中には家賃保証を添付していることがあります。これはもし空室になっても保証の範囲で家賃を肩代わりしてくれると言うシステムです。ただし全ての空室リスクをカバーすることは難しいです。あくまでも空室リスクに関しての平準化に役立つサービスと判断しておく方が良いでしょう。

空室リスクを抑えるため中古マンションを購入し、リノベーションをして物件価値を高めると言う方法もあります。売却利益のほうは景気が悪くなり地価が下がるとかえって損失が発生することがあります。売却するタイミングが非常に大切になるのですが、地方と比べて都市部の方が地価の下落の危険性は少ないです。その代わりに都市部の物件の方が高額です。不動産投資は多額な資金が必要なだけに、きちんとリスクを踏まえた上での投資が重要です。